Xieのレコーディング風景

私、このキッチンナイフレコーズの人であると同時に、クリスチャンロックレーベルであるCalling Recordsメタル課長も兼任しておりますので、そちらの情報も流させていただきます。

我らが敬愛するXie (サイ)の皆さんが、なんだかすっごいニューアルバムを作っている模様です。

そして、なんだかすっごいスタジオでレコーディングをしている様子がYouTubeにアップされています。

あれですね、ちょうど「インディーバンドの録音の考え方」とかいう文章を書こうとして、しかも基本宅録でっていうラインで一連の記事を書こうとしていたところ、ばっちりプロ仕様のスタジオでレコーディングを始められたXieさん。何処のスタジオなのかはまだ聞いてませんが、タイムリー過ぎます。

レコーディングのあるべき姿というものは、バンドごとに違います。
そして、その音楽ごとに、「そうあるべき形」というものがあります。

勢い重視のハードコアパンクバンド、
リスナーとの距離感を重視する女性弾き語りシンガー、
内省的なエレクトロニカ、
弦楽四重奏、
などなど、それぞれに適した録音制作の形があるのは言うまでもありません。

そして今はその選択を、昔と比べてはるかに自由に選べる時代です。

(逆に今の時代にあっては、高級路線のハードコアパンクや、宅録志向の弦楽四重奏があってもおかしくありません。)

Xieの皆さんは、それぞれがこれまで音楽業界の中でプロとして活躍されてきた人たちです。
そんな技術と経験を持った人たちだからこそ、こういったスタジオでの録音で実力を発揮できるということが言えると思います。

狙っている音が、そのへんにある、ということです。

大事なのは「どのへんの立ち位置」を目指して音を鳴らすのか。
そこにあると私は思います。

クリスチャンロックバンドとして生まれ変わり、独自の「エバンジェロック」に向き合ってからの2枚目となるこのXieさんのアルバム。
きっと、さらにパワーアップした超ハイレベルな音を届けてくれるでしょう。

完成を楽しみにしていようと思います。

Xieさんのホームページはこちら
http://xiete.com/

Share it please

Leave a Reply